Channel - One
FC2 managemented FC2 managemented
--/--/--(--) --:-- スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006/09/30(土) 14:13 未分類
おっさん少年
いつの時代にもいるマセタというか「こいつ年なんぼや?」

っちゅう、子供いてまんな。

20代の頃の話(1980年頃)の話。ボクは相応の青年でした。

当時、地元の小学校の課外行事の応援で会議に出たときの事。

会議出席者は中年から応援の中学生まで約20名。

おおむね話は終わり、議長が「他に なんか質問ある?」

普通はシャンシャンで終わる。

そこに、中1のF君

「エ~っと、ワタシの方から2件聞きたいことがあります。

1件目は・・・・・。

それと、もう1件は・・・・。」
まぁ、見事に簡潔明瞭に質問しよった。

議長や他の人も「大人」に対する答え方で返した。

ボクは今でもそんなにふうによう喋れん。

噂は聞いてたが、実際、生の喋ってるF君を見たらビビった。

「こいつの中に おっさん が入っとる。」
 
で、そのあと希望者のみ喫茶店へ。

「アイス」や「ホット」。せいぜい子供は「ミックスジュース」や。

「F君、何する?」誰かが聞いた。

「エ~っと、そうですね。

ほな、ブレンド お願いします。」


ぜったい、おっさんが入っとる。

F君はその後、名のある学校を出て、名のある企業に行ったらしい。

やっぱし。
スポンサーサイト
コメント:0  トラックバック:0
NextPage
copyright © 2005
けったい
all rights reserved.
Powered by FC2ブログ
template designed by わにわにちゃん


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。